11月18日(日)に 「平成19年度 選手技術講習会」が行なわれました。

 『神奈川県高等学校野球連盟による指導・支援を通して、県内中学校野球選手の技術向上と野球部顧問の指導技術を図るとともに、中学校と高等学校の交流・連携を深める。』という目的で、今年から開催されました。この目的にふさわしい内容の講習が行なわれ、高校野球への橋渡しとなるような充実した講習会となりました。 全体的に中学生の声が小さかったことが残念でしたが、選手達は目を輝かせながら講習に取り組んでいました。今回の講習で得たことを各学校に持ち帰り、チーム全員でスキルアップするとともに、これをきっかけに、今までの野球に対しての取り組みを見つめ直し、さらなる技術の向上に努めてもらいたいと思います。

 今回講師を務めてくださった高校の指導者の方々は、寺尾先生(海老名)濱田先生(厚木西)佐々木先生(厚木)本村先生(光明相模原)神部先生(厚木西)田倉先生(東海大相模)賀澤先生(大和南)上山先生(座間)定常先生(厚木北)北岡先生(有馬)です。中学生に対して丁寧でわかりやすいご指導をしていただきありがとうございました。また、東海大相模高校野球部の皆さんには、貴重な練習時間を割いてボール拾いやグランド整備、更にはバッティングピッチャーなどにまでお手伝いいただき、本当に感謝しております。ありがとうございました。

県央ブロックからの参加は、睦合光丘城山柏ケ谷栗原愛川南毛利小鮎の8校16名で、相模原の28名とともに東海大相模高校で行なわれました。

【午前の部】
  午前中は、東海大相模高校スタイルのウォーミングアップから始まり、
  守備練習と走塁の基本を学びました。
東海大相模高校の選手と一緒にウォーミングアップ

開講式の様子。


内野ノックの様子。厚木西高校の濱田先生から二遊間の動きや、腰を落としてボールを下から見ることを教わりました。


光明相模原高校の本村先生によるリードとスタートの指導リードの位置と一歩目の運び方を教わりました。




【午後の部】
  午後も、東海大相模高校スタイルのウォーミングアップで始まり、
  打撃練習とメンタル講習が行なわれました
室内練習場でマシンを使って打撃練習。充実した施設に中学生達は驚いていました。


4カ所でのフリーバッティング東海大相模高校の選手がバッティングピッチャーをしてくださいました。
東海大相模高校の田倉先生によるピッチング指導。
カーブの投げ方なども教えていただきました。

厚木高校の佐々木先生によるメンタル講習。落ち着くためのルーティーンの活用や気持ちの切り替えの方法などを教えていただきました。
閉校式では生徒を代表して、栗原中の生徒が感謝の言葉を述べてくれました。




inserted by FC2 system